ExpandedSkill除去ガイド

9月 18, 2020

ExpandedSkillとは

ExpandedSkillは、検索プロバイダーを再構成して、Finderを保護し、プラグインを介して個人情報を詐欺することを目的とした悪意のあるプログラムです。

ExpandedSkillは、幅広いAdload広告サポートソフトウェア分類のもう1つのメンバーで、Macのみを対象としています。その前身のExploreParameterやSectionBrowserと同様に、アプリは検索を含むアイコンを青緑色または緑色の背景にある虫眼鏡で利用します。 、最初は広告サポートソフトウェアとしてブランド化されているExpandedSkillは、さまざまなことを可能にする複数の使用可能な脅威です。

ExpandedSkill除去ガイド

注射は、アプリのセットアップへの同意が得られるのと同じくらい迅速に行われます-一般に、そうするように人々を誤解させることによって。ほとんどすべての状況で、ユーザーは、ピアツーピアまたは接続された影響を受けやすいページから収集されたソフトウェアパーセルのパッケージでアプリをダウンロードします。

ダウンロードの削除ツール削除するには ExpandedSkill

デバイスの2番目のExpandedSkill悪意のあるソフトウェアは、Safari、Google Chrome、Mozilla Firefox、または別のWebブラウザーにアドオンを追加し、保護されたFinderまたは他の検索プロバイダーにホームページ/ネットタブアドレスを変更します。人々が多数の商用リンクと広告を見ることができるので、インターネットブラウザを介して実行される検索者は変更されます。アプリケーションは高度な知識とともにマシンにインストールされるため、人々は同意なしにmacOSにセットアップされた他の不要なプラグインやプログラムに気付く場合があります。

Adloadウイルスグループは、最も有名なmacOSウイルスの1つであり、フラッシュプレーヤーの誤った更新または問題のあるインストーラーを介して、最も多く散らばっています。海賊版アプリケーションは一般的に意図的に取得されています(デバイスのアラートは省略されています)が、Web上のいたるところにあるランダムなページで架空の更新が偶然見つかる可能性があります。それにもかかわらず、ExpandedSkillマルウェアソフトウェアの侵入が成功するたびに、ユーザーはAppleID資格情報を提供する必要があります。

広告をサポートすることはAppleにとって明らかな問題であるという事実にもかかわらず、その大部分は非常に悪意のあるものではなく、他のアプリと同じように消去される可能性があります。ただし、ExpandedSkillの除去は、組み込みのAppleScriptを悪用して、権限を昇格させてマシンにセットアップするため、より難しい割り当てになる可能性があります。これにより、悪意のあるソフトウェアが汚染されたファイルをApplicationSupport、Library、およびその他のフォルダーに埋め込み、汚染されたプロファイルを作成する許可が与えられます。

ダウンロードの削除ツール削除するには ExpandedSkill

高度な機能のため、感染により、感染したオペレーティングシステム上に他の不要または危険なプログラムがセットアップされる可能性があります。したがって、ユーザーは、知られていないブラウザプラグイン、偽のセキュリティプログラム、およびその他の不要なプログラムをPCで見つけることができます。問題をさらに難しくするために、ExpandedSkillの出現は、macOSがさらにShlayer TrojanまたはCrescentCore寄生虫とのバンドルで汚染されていることを示している可能性があります。

ExpandedSkillの詳細監視機能のため、ExpandedSkillをアンインストールすることも非常に重要です。先に述べたように、悪意のあるソフトウェアは、同意なしにWebブラウザーの設定を変更し、ホームWebサイトを他の何か(ハイジャッカーの一般的な動作)に修正します。ただし、隣接するブラウザプラグインは、ブラウザで表示することで表示できるように、ユーザーの機密情報を記録できます。

明らかなように、ブラウザープラグインがクレジットカードやパスワードなどの詳細を取得するための承認を取得する必要はありません。この情報はその後、地下フォーラムで収入を得るために販売したり、他のユーザーアカウントへの違反に利用したりすることができます。解決策として、触れられた人々は金銭的損失から経験したり、詐欺の標的になったり、身元を盗まれたりする可能性があります。

有害なアプリは永続化のためにコンピューター内のさまざまな部分を結論付けたので、それを混乱に移動させるすべての目的は失敗する可能性があります。したがって、ExpandedSkillをアンインストールする最も安全な方法は、SpyHunter 5Combo Cleanerやなどの脅威対策ソリューションと一緒にデバイス全体のスキャンを実行することです。それにも関わらず、関連するファイルを手動で削除する方法についてのガイド、つまり概要を以下に示します。

それに加えて、セットアップされたすべてのインターネットブラウザーを再起動し、Cleaner Integoと一緒にさらにレビューを行って最善の結論を得る必要があることを理解してください。

ExpandedSkillの実行方法

セキュリティの専門家は、Macマシンを標的とする感染の拡大に関係している人々に注意を促しています。実際、2019年の分析では、Macの悪意のあるソフトウェアアイテムがWindowsよりも優れていることが明らかになりました。それらのデバイスをターゲットとする危険の改善は衝撃的ではなく、それらが10年前に知られるようになったと考えており、サイバー犯罪者にとってより興味深いオプションを開発しています。

ダウンロードの削除ツール削除するには ExpandedSkill

さらに、Macの脅威の蔓延は、偽の脅威の侵入アプローチによって引き起こされ、架空のFlashの更新は、汚染される典型的な方法の1つです。人々は一般に、自分で悪いペイロードをダウンロードしてインストールすることに騙され(そのため、組み込みの防御策を急いでいます)、インストールしているのは必要なマルチメディアプレーヤーであると考えています。ただし、Flashは古いアプリケーションであり、特にGoogle Chromeなどの最新のWebブラウザーに慣れている場合は、必須ではなくなりました。

多くのユーザーは、アプリケーションの脆弱性をダウングライドした後、または安全ではないファイルのように、脅威に侵されていることを指摘する必要があります。海賊版ユーティリティは、単に違法であるだけでなく、さまざまな不正なユーティリティで簡単に汚染される可能性があるため、ダウンロードしないでください。

ExpandedSkillを消去する方法

多数のブラウザハイジャッカーや広告サポートプログラムをスムーズに削除できます。不要なものをゴミ箱に移動するだけで、すべての人が削除できます。ただし、ExpandedSkillの終了は具体的な痛みとなる可能性があります。被害者はすぐに感染が再発し、ブラウザアドオンが操縦することを理解するためです。自分で適切な部分をすべて見つけようと決心した場合、それは簡単なことではありません。 Macの次のフォルダーに重みを付けることをお勧めします。

Os Preferences> Accounts> Login Items Computer Preferences> Users&Groups> Profiles〜/ Library / LaunchAgents〜/ Library / Application advocate〜/ Library / LaunchDaemons

どのファイルが感染に関係しているのかわからない場合、または急いで対処できると判断した場合は、優れたマルウェア対策を使用する必要があります。コンピュータ全体をスキャンし、ExpandedSkillプロファイルとその他のファイルを削除し、必要のない動きが行われないようにします。それでも、感染が削除された後は、インターネットブラウザーを復元することをお勧めします。

段階1:削除ブラウザ拡張

まず、いすることをお勧めのチェックをブラウザの拡張子を除去してくださることExpandedSkillます。 多ェびその他の不要なプログラム利用のブラウザ拡張のため、hijackerインターネット応用します。

削除ExpandedSkill拡張子からGoogle Chrome

  1. 発売Google Chromeます。
  2. のアドレスバー、タイプ:chrome://extensions/”と入力し、enterキーを押します。
  3. 見ExpandedSkillはどんなことでも、まだプレス’削除します。

アンインストールExpandedSkill拡張子からFirefox

  1. 発売MozillaFirefoxます。
  2. のアドレスバー、タイプ:about:addons”と入力し、enterキーを押します。
  3. から、左のメニューを選択します。
  4. 見ExpandedSkillはどんなことでも、まだプレス’削除します。

削除ExpandedSkill延長からサファリ

  1. Safariを起動します。
  2. プレスのサファリの設定アイコンで見つけることができる一応右下のドット配列です。
  3. 選択設定をクリックします。
  4. 選択の拡張タブがあります。
  5. 見ExpandedSkillはどんなことでも、一度では、を押してアンインストールする。
  6. また、サファリの再設定を選びダウンロードします。
  7. まExpandedSkillます。safariextzが表示されリストにやめるときは、”いいえ”を選びを押して明確にする。

削除ExpandedSkillアドオンからInternet Explorer

  1. 発売Internet Explorerます。
  2. メニューの中から、選択ツールとしてプレス管理のアドオンです。
  3. 見ExpandedSkillはどんなことでも、まだプレス’削除します。
  4. 再開Internet Explorerます。万一シナリオExpandedSkillっている方々が入会されるとブラウザを追加する場合は、以下の注意事項です。
  5. プレスWindowsキー+R、appwizます。cplと入力し、enterキーを押し
  6. のプログラムと機能”ダイアログが表示されますとなってくれることについてのExpandedSkillプログラムです。
  7. 選択ExpandedSkillその他の最近では設置不要な入力を押してアンインストールと変更”です。

代替的な方法はブラウザからのExpandedSkill

がある場合がござェまたは個体によって消すことができないだけで削除する拡張子やコードです。 そんな時に、必要があるリセットブラウザのデフォルトの設定をします。 においても後ろかの拡張子の感染はいまだに存在するときは、次の要領によります。

利用Chromeクリーンアップツールを削除すExpandedSkill

  1. 発売Google Chromeます。
  2. のアドレスボックスでは、chrome://settings/”と入力し、enterキーを押します。
  3. 拡大先端の設定だき、縦スクロールします。
  4. スクロールまでリセットの清掃活動です。
  5. プレスクリーンまでコンピュータです。 を押します。

このGoogle Chrome特徴を明らかにコンピュータの有害なソフトウェアです。 検出されなかった場合ExpandedSkillに戻り、グラウンドコンピュータや設定リセットします。

リセットMozillaFirefoxデフォルト

の場合についてまだExpandedSkillおMozillaFirefoxブラウザ、対応することができるでしょうくまで回復おFirefoxの設定をデフォルトです。 を拡張やプラグインは削除され、これに手を触れないでブラウザの履歴ブックマークし、保存したパスワードまたはインターネットクッキーです。

ダウンロードの削除ツール削除するには ExpandedSkill
  1. 発売MozillaFirefox
  2. アドレスボックスタイプ:約支援”と入力し、enterキーを押します。
  3. リダイレクトされます、障害情報のページです。
  4. メニューから右サイドを選択しリフレッシュFirefoxます。
  5. 選択を確認するをクリックすリフレッシュFirefoxを変更する場合がございます。
  6. ブラウザを閉するために自動的に復元に成功し、設定します。
  7. プレス仕上がりです。

リセットSafariブラウザを通常の設定

  1. Safariを起動します。
  2. プレスのサファリの設定アイコンで見つけることができる一応右下のドット配列です。
  3. プレスリセットサファリがあります。
  4. 新しいウィンドウが表示されます。 を選択ボックスしたいリセットまたは利用の画面は以下をご案内いたします。 一度選択したあと、を押してリセットします。
  5. 再スターサファリがあります。

復元Internet Explorerデフォルトの設定

  1. 発売Internet Explorerます。
  2. トップメニューから、プレスツールやそのインターネットオプションです。
  3. の新しいウィンドウが開いたら、選択のタブです。
  4. 下部ウィンドウの下にリセットインターネットの設定があります”リセット”ボタンをタッチします。 プレスすることにします。

を拡張やプラグインは削除され、これに手を触れないでブラウザの履歴ブックマークし、保存したパスワードまたはインターネットクッキーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*